ロゴ

印刷業者の様々な印刷サービス

印刷技術が向上し、このところではさまざまなものに印刷ができるようになりました。印刷業者が行う様々な印刷サービスを見てみると、オーソドックな名刺・はがきだけに及ばないことが分かっています。小冊子(同人誌)作成の他、うちわや卓上カレンダーというような紙媒体のほか、クリアフォルダーやマグカップなどにも印刷することができます。また、卓上カレンダーについては、木の温もりが感じられるオリジナリティあふれるものも作成してもらえるので、ノベルティグッズとして作ってみてもいいかもしれませんね。そうすれば、貰った方も喜んでくれることでしょう。

ネットで簡単に依頼が可能!

イベントフライヤーなどのチラシ印刷や名刺、同人グッズなどを作りたいという時は、インターネット上で依頼できる印刷通販が便利です。フォトショップやイラストレーションなどのデザインソフトがあれば、版元となる原稿を送信するだけでクオリティの高いグッズが簡単に作成可能です。入稿から納品までの期日も短いことから、欲しい時にすぐに手に入るところも人気です。

専門業者に依頼するべき印刷物ランキング

CMYK
no.1

その方の全てを表現する「名刺」

パソコンで自らデザインして自宅プリンタで出力して作成することもできますが、どうしても「稚拙」「やすっぽい」イメージが残ってしまいます。専門業者が印刷する名刺は、厚口の用紙で、ロゴや箔押しなどの加工も思いのままです。

no.2

イベントフライヤーなど

手に取ってもらえるイベントフライヤーがあれば、集客率も伸びること間違いありません。専門業者に依頼することで折り込みチラシなどの規模で大量印刷をすることができます。もちろん、低コストでのチラシ印刷が可能です。

no.3

同人誌などの小冊子やグッズ

頒布や販売を目的とした同人誌は、クオリティが高いほど売れることが分かっています。フルカラーの美麗なイラスト集などは、二次創作品でも売れ筋として人気です。それに伴うグッズなども印刷業者にお任せ可能です。

no.4

年賀状やあいさつはがきなど

フォーマルな場面でのあいさつはがきや、年賀状など枚数が必要な場合は、専門業者に依頼することでコストや時間を大幅にカットすることができます。文面校正なども印刷業者が引き受けてくれるので、相手に失礼がないはがきが作れます。

no.5

ショップ袋などの紙袋類

イベントでノベルティを入れて渡す袋が欲しい、お店のオリジナルショップ袋を作りたいという時も、専門業者が便利です。光沢紙を使った紙袋や、不織布製のバッグなど、大きさや量に応じて作成してくれます。

名刺やチラシ印刷を得意とする業者に頼めば失敗ナシ!

印刷機

印刷業者の選択方法

印刷業者には得意分野があります。挨拶状や名刺印刷を得意とする業者や、商店や企業のノベルティグッズ作成を得意とした業者、同人誌などの二次創作系の印刷・製本に特化した業者など様々です。印刷業者を選ぶ時は、自分の依頼物の印刷を得意とする業者をセレクトすることが大切です。また、短期間で納品する業者、web上で注文可能な業者に依頼すれば、わざわざ印刷会社へ足を運ぶ必要がなく、自分の時間を大事にすることができます。

広告募集中